Life

#22 世界に羽ばたく美しいファッション!大正ロマン「はいからさんスタイル」

本記事は

■Talk only
Amazon Music
「#22 世界に羽ばたく美しいファッション!大正ロマン「はいからさんスタイル」」を聴く

Apple Podcasts

Spotify

の台本&文字起こしになります。

音声と共に楽しんで貰えれば嬉しいです!

参考サイト

Pictured by

オープニング

皆さん、自分にとって

  • 愛するもの
  • 大好きなもの
  • 推しているもの

はありますか?

今回は、私が愛してやまない女性ファッション。
大正ロマンの「はいからさんスタイル」について語らせてもらおうと思います。

実は先日、私が勤めている学校の授業で、「自分の大好きなものを発表する」という授業がありました。
もちろん、主な目的は生徒たちに「自分の好きなものを考えてもらって、発表してもらうこと」です。

しかし、私は一応アシスタントなので、私も自分の好きなものを発表することになりました。
そのときに発表したのが、「はいからさんスタイル」のファッションになります。

実際の授業のときにも熱く語らせてもらったので、このKudo’s Radioでも話してみようかなと思った次第です。

ちなみに、私はファッションに関してはほぼ無知です。
自分の着る服にはほとんど興味がなくて、いつも同じような色で同じような服を着ています。

なので、細かいファッションのあれこれについては語りません。
単に、「はいからさんスタイル」において、私が好きなところを語っていきたいと思います。

それではさっそく始めていきましょう!
本日もよろしくお願いいたします。

メイン

「はいからさんスタイル」ってどんなファッション?

まず、大正ロマンの「はいからさんスタイル」というのが、どういうファッションスタイルなのか皆さんご存知でしょうか?

大正ロマンのファッションスタイルは、今回話す女性はもちろんですが、男性もあったりします。
はいからさんスタイル」というのは、その名の通り「はいからさんが通る」という作品の主人公「花村紅緒」が着ているファッションのことです。

大学の卒業式がニュースとかで取り上げられてるのをみたことありませんか?
大学の卒業式に、着ることが多いのがこの「はいからさんスタイル」ですね。

私も自分の大学の卒業式で、女性が着ているのを見ました。

もちろん、ジロジロとは見てませんよ!w
ちらっとです、ちらっとw

はいからさんスタイル」が具体的にどういうファッションなのか説明していきます。

まず、上には着物を着ます。
そして、下はを履きます。

その着物や袴の下というか、中に何を着ているか。については、男の私には分かりません。

まあ、男のロマンが詰まってるんですかねw

気持ち悪いこと言いました、すみませんでした。
もし、女性の方で教えてくれる優しい方がいましたら、コメントなんかで教えてくれると嬉しいですw

靴に関しては、ブーツ、もしくは草履を履きます。

個人的な趣味で言うと、ブーツがいいですねw

はいからさんスタイル」がどういったファッションか、ざっくりと分かってもらえたでしょうか?

次は、「はいからさんスタイル」の魅力を3つお伝えします。

「はいからさんスタイル」の魅力①

まず1つ目、「和と洋のコラボレーション」です。

さきほど、草履よりもブーツの方が良いと言ったのには、ちゃんと理由があります。

単に私の個人的な趣味というだけではありませんw

はいからさんスタイル」が流行った時代は、大正時代です。
大正時代は、西洋の文化というのが日本で流行した時代です。

  • 和服に対して洋服
  • 和食に対して洋食

みたいな感じですね。

洋食でいえば、「カフェ」や「レストラン」が大きく成長したのも大正時代です。

そんな感じで、日本本来のの文化に外国のの文化がプラスされていったわけです。

ブーツは明らかにのものですよね。
そして、着物や袴はですよね。

つまり、「はいからさんスタイル」では、のファッションが入り混じっているわけです。

その絶妙なバランスに私は魅力を感じているわけです。

「はいからさんスタイル」の魅力②

次に、「はいからさんスタイル」の魅力2つ目、「女らしさと男らしさ」です。

皆さん、

袴が昔は男だけが着るものだった

って知ってました?

もし

アリアル
アリアル
そんなの常識です

という人がいましたら、すみません。
私は結構大人になってから知りました。

言い訳するわけじゃないですけど、現代だと「はいからさんスタイル」みたいに女性も普通に履きますし、剣道をやってる女性とかも履いてたりしますよね。

でも、大正時代より前は「袴は男が着るもの」という風になってたわけです。
では、女性は何を着ていたかと言うと「着物」を着ていたわけですね。

ではなぜ女性が袴を履くようになったのかが気になりますよね。
これもやっぱり、大正時代という時代の背景が関係しています。

女子の高等教育というのは、大正時代に始まりました。
その際

ミリアル
ミリアル
女子生徒に、どんな服装をさせるべき?

が議論になったわけです。

それまでの「着物+帯」というスタイルだと、帯や裾が乱れやすくてふさわしくないという問題がありました。

そこで、女性にも袴の着用を認めたわけです。
これにより、女学生の袴スタイルが始まったんですね。

大正時代の女性というのは、まだ15歳という年齢で若くして嫁いだり、働きに出たりするのが当たり前の時代でした。
そんな時代に、女学生として袴を着て社会での活躍を目指していく姿というのは、これからの新しい時代で生きる女性の意気込みを感じさせてくれるスタイルなわけです。

現代の日本の大学の卒業式に女性が「はいからさんスタイル」で臨むのは、こういった時代背景があるからでしょうね。

そういう背景を含めて、女性らしさの「着物」、男らしさの「」、という組み合わせに私は魅力を感じるわけです。

「はいからさんスタイル」の魅力③

最後に、「はいからさんスタイル」の魅力3つ目、「女性を魅力的に魅せる」です。

1つ目2つ目の理由が真面目だっただけに、最後の理由が俗っぽくなってしまいました。

でもやっぱり、どんな時代背景があっても、おしゃれで可愛くなければ、流行ることもなかったですよね。

私は元々着物が好きで、着物に関しては自分でも着たいと思ってます。

もちろん男物の着物です。w

なので、着物姿の女性がすごい好きなんです。

というか嫌いな男とかいるんですか?w

マッチングアプリとかのプロフィール写真で、着物姿の写真を載せている人いますよね。
あれって、「男がどんなものが好きか」というのを的確に捉えてますよねw
全部計算してやってたりするんでしょうか?w

そんな着物が大好きな私ですが、「はいからさんスタイル」に関しては着物と同等かもしくはそれ以上に好きです。

現代の女性たちが、どういった気持ちで着ているのかは分かりません。
でも、少なくとも男の私からすると、

はいからさんスタイル」の女性はとても魅力的に見える

ということです。

「はいからさんスタイル」の魅力 まとめ

というわけで、「はいからさんスタイル」の魅力、伝わったでしょうか?

  • 和と洋のコラボレーション
  • 女らしさと男らしさ
  • 女性を魅力的に魅せる

ちょっと変態っぽい発言もありましたが、共感してもらえたら嬉しいです!

以上、大正ロマンの「はいからさんスタイル」についてでした。

本日の一曲

それではここで一曲お聴きください。
龍崎一 feat. TOYro
「八雲 (やぐも)」

エンディング

今回の放送、いかがだったでしょうか?

今回は、大正ロマンの「はいからさんスタイル」について語らせてもらいました。

オープニングで、学校の授業で私が大好きな「はいからさんスタイル」について語らせてもらった、という話をしました。
発表を聴いてくれた人の中には、もちろん女子生徒もいましたし、女性教員もいました。

同じ男の前で発表するならまだしも、10代から大人までの女性がいる前で熱く女性ファッションについて語る男ってどうなんですかねw

その発表後も普通に働かせてもらっているので、おそらくセクハラ的な問題はなかったということでしょうw

女子生徒や女性教員たちから、どんな風に思われてるかは怖くて知りたくないですねw

はい!というわけで本日の放送はここまで!

お便り・リクエストを大募集!

Kudo’s Radio -クドラジ-では、皆様からのお便りを大募集しております!
意見・感想・質問・アドバイス・リクエストなど、下記のお便りBOX・Voice Messageから送ってみてください!

アリアル
アリアル
お待ちしています!

 

Spotifyでは、アプリユーザー限定で「Music + Talk」の視聴が可能です。
トークと音楽を同時に楽しむことができるので、ぜひそちらもお楽しみください♪

\ 聴いてね♪ /

 

ミリアル
ミリアル
楽曲だけ聴きたい!

という方は、Kudo’s Radio -クドラジ-で流れた楽曲、もしくはその候補となる楽曲をプレイリストにまとめています。SpotifyでKudoをフォローしてチェックしてみてください!

\ フォローしてね♪ /

Pictured by https://coefont.studio