Sports

#16 前編:憧れるけどできない!スキューバダイビングのハードルが高い理由!

本記事は

■Talk only
Amazon Music
「#16 前編:憧れるけどできない!スキューバダイビングのハードルが高い理由!」を聴く

Apple Podcasts

Spotify

の台本&文字起こしになります。

音声と共に楽しんで貰えれば嬉しいです!

オープニング

今回は、7月22日が「海の日」ということで、私が大好きな「スキューバダイビング」について話そうと思います。

皆さん、「スキューバダイビング」ってやったことありますか?
おそらく大半の人はやったことないのではないかと思います。
もしかしたら、

体験ダイビングならやったことある!

という人はいるかもですね。

というのも

スキューバダイビングをやろう!

となっても、結構ハードルが高かったりするんですよね。

スキューバダイビングが魅力的なアクティビティではあることに変わりはないのですが、そういった面があることも確かです。
なので今回は、スキューバダイビングの魅力だけでなく、ハードルが高い理由についてもお話しよう・・・

と思ってたのですが、この台本を書いてる時点で、長くなりそうな予感がしたので、前編と後編の2回に分けたいと思います。
今回は前編で、「スキューバダイビングのハードルが高い理由」について話していこうと思います。

今年はコロナのせいで海に行けるかどうか微妙なところではありますよね。
ただ、今回と次回の話を聴いて、スキューバダイビングに興味を持ってくれて、

1人でも多くのダイバーが生まれてくれたらいいな~

と思ってます。

それではさっそく始めていきましょう!
本日もよろしくお願いいたします。

メイン

スキューバダイビングのハードルが高い理由

ではさっそく、「スキューバダイビングのハードルが高い理由」を話していこうと思います。

スキューバダイビングのハードルが高い理由は3つあります。

  • お金がかかる
  • 海などの潜れる場所がないとできない
  • 一人でできない(できないこともない)

スキューバダイビングは究極の趣味!?

皆さんいきなりですが、「年収90万円で東京ハッピーライフ」という本をご存知でしょうか?
もし知らないという人は、「中田敦彦のYouTube大学」で解説しているので観てみてください!

私も本は読んでなくて、中田さんの解説で学びましたw
急に何?

と思われるかもですが、この本の著者がたどり着いた「究極の趣味」というのがあるんですね。
それが何かというと「散歩と読書」です。

なぜ散歩と読書が究極の趣味なのかというと、理由は3つあります。

  • お金がかからない
  • 身一つでできる
  • 一人でできる

皆さん、私が何を言いたいか分かりましたか?

つまり、

スキューバダイビングというのは、究極の趣味となり得る要素を1つも満たしてないんですよ!
いや、満たしてないどころかすべて真逆をいってますよねw
私もこれに気づいた時、膝から崩れ落ちましたw

では、スキューバダイビングが究極の趣味と真逆の趣味であることを分かった上で、詳しく話していきましょう。

スキューバダイビングはお金がかかる

まず、「お金がかかる」ですね。
スキューバダイビングはとにかくお金がかかります。

なので、スキューバダイビングを趣味にしている人は、経済的に余裕がある人が多いです。

例えば、お医者さんとか弁護士さんとか、そういった人たちが多いですね。

そういった人たちと繋がりを作れるという意味では、良い趣味なのかもですねw

具体的に何にお金がかかるかと言うと
まず、海などの潜る場所までの移動費がかかりますよね。

そして、実際に潜るとなると機材がたくさん必要になるので、買ったりレンタルしたりする必要があります。
必要な機材をあげますと

  • マスク
  • シュノーケル
  • フィン
  • ウェットスーツ
  • ダイビングコンピューター
  • BCD
  • レギューレーター
  • エアータンク

などなど。

人によっては、これ以外にも必要になる場合もあります。
例えば、水中で撮影がしたい場合は、水中カメラとかが必要になりますね。

とにかく、スキューバダイビングには必要な機材がたくさんあります。

そして、実際に潜るとなるとボートダイビングの場合は、ボート代なんかもかかりますね。

あと、インストラクターがついてたりすると、人件費?とは違うかもですが、お金がかかりますよね。
ダイビングショップなんかで申し込むと、ボート代と人件費?などを含めた料金になってると思います。

もちろん、サービス料金なんかも含まれていると思います。

とにかく、

スキューバダイビングはお金がかかる!

ってことです!

スキューバダイビングは潜れる場所がないとできない

次に、「海などの潜れる場所がないとできない」です。

当たり前といえば当たり前なんですけど、この島国日本に住んでいても、ダイビングを楽しめるような海というのはすぐ近くにはないですよね。
海なし県に住んでる人もいるでしょうし、私みたいな北国に住んでると水がめっちゃ冷たいし、

津軽海峡とかも冬景色のイメージしかないですよね!w

一応スキューバダイビングは、だけでなくてとか滝壺とか、でもできます。
でも、場所に関係なくできる散歩や読書と比べると、気軽にはできないですよね。

スキューバダイビングは1人でできない

次に、「一人でできない(できないこともない)」です。

スキューバダイビングは基本的には「バディ・システム」に基づいて行います。

「バディ・システム」って何かというと、

二人以上でチームを組んで、常に一緒に潜る方法

のことです。

スキューバダイビングは、空気のない水中で行うアクティビティなので、常に危険が伴います
もし水中で何か問題が発生したとしても、確実に対処できるようにこういった方法が取られています。

昔流行った「海猿」という映画やドラマがあったと思います。
あれは海上保安庁の潜水士を題材にした作品ですが、その作中でも「バディ」という言葉が出てきますね。

先程、

基本的には・・・

と言ったのには理由がありまして、スキューバダイビングはやろうと思えば一人でもできます

スキューバダイビングのライセンスというのを、もしかしたら聞いたことがある人もいるかとは思います。
PADIとか、世界中のいろいろな団体が発行しているライセンスですよね。

でも、あれって

正確にはライセンス(資格)ではなくて、認定証

なんですよね。

つまり、

スキューバダイビングに必要な知識や経験があることを認定している

だけであって、

ライセンス(資格)がないとスキューバダイビングをやってはいけない!

という意味ではないんです!

誰でも勝手に潜っても良いわけです!
ただし、潜る場所については、誰かに管理されている場合もあるので、そこは気をつけてください。

どちらにせよ、一人で潜るのは非常に危険ですし、なにか問題が発生したとしてもすべて自己責任になります。
なので、何が何でも一人で潜りたいという人はしょうがないと思いますが、基本的にはライセンスを取って二人以上で潜ることをおすすめします。

以上、「スキューバダイビングのハードルが高い理由」でした。

本日の一曲

それではここで一曲お聴きください。
作曲&編曲:田中芳典(よしのり) 作詞&ボーカル:aruku
「Ride On The Wind」

エンディング

今回の放送、いかがだったでしょうか?

今回は、スキューバダイビングのハードルが高い理由を3つお話しました。

  • お金がかかる
  • 海などの潜れる場所がないとできない
  • 一人でできない(できないこともない)

こうやって改めて話してみると、

本当にハードルの高いアクティビティだなぁ

と実感しますね。
こんなの聴いたら、普通に

ダイビングはやっぱり無理じゃん!

ってなりますよねw

ただ、次回後編では「スキューバダイビングの魅力」について話していこうと思っています。
後編の方も聴いてもらってから、スキューバダイビングが自分にあってるかどうか判断してほしいと思います。

はい!というわけで本日の放送はここまで!

お便り・リクエストを大募集!

Kudo’s Radio -クドラジ-では、皆様からのお便りを大募集しております!
意見・感想・質問・アドバイス・リクエストなど、下記のお便りBOX・Voice Messageから送ってみてください!

アリアル
アリアル
お待ちしています!

 

Spotifyでは、アプリユーザー限定で「Music + Talk」の視聴が可能です。
トークと音楽を同時に楽しむことができるので、ぜひそちらもお楽しみください♪

\ 聴いてね♪ /

 

ミリアル
ミリアル
楽曲だけ聴きたい!

という方は、Kudo’s Radio -クドラジ-で流れた楽曲、もしくはその候補となる楽曲をプレイリストにまとめています。SpotifyでKudoをフォローしてチェックしてみてください!

\ フォローしてね♪ /

Pictured by https://coefont.studio